コラム

  1. 令和4年10月から適用の福祉・介護職員等ベースアップ等支援加算とは

    令和4年10月の障がい福祉サービス等報酬改定において、令和4年2月から9月までの福祉・介護職員処遇改善臨時特例交付金による賃上げ効果を継続する観点から、「福祉・介護職員等ベースアップ等支援加算」が創設されることとなりました。

    続きを読む
  2. 栃木県での障がい福祉事業の始め方|指定基準③物件の要件や設備基準の要件

    栃木県宇都宮市や栃木市、ほか栃木県内の市町村での障がい福祉サービス事業の指定を受けるためには、まずは全サービス事業に共通する要件を満たす必要があります。ここでは、栃木県で障がい福祉サービス事業の申請に必要な共通する「必要な要件=指定基準③物件の要件や設備基準の要件」を説明しています。

    続きを読む
  3. 栃木県での障がい福祉事業の始め方|指定基準②人員基準の要件その2

    栃木県宇都宮市や栃木市、ほか栃木県内の市町村での障がい福祉サービス事業の指定を受けるためには、まずは全サービス事業に共通する要件を満たす必要があります。ここでは、栃木県で障がい福祉サービス事業の申請に必要な共通する「必要な要件=指定基準 ②人員基準の要件その2」を説明しています。

    続きを読む
  4. マイナンバーカードの申請方法と住民票交付やマイナポイントについて

    マイナンバーカードの交付申請はお済ですか?マイナンバーカードの全国の交付状況は令和4年6月末時点で、人口の45.3%となりました。人口に対して、約2人に1人がマイナンバーカードを持っていることになります。

    続きを読む
  5. 栃木県での障がい福祉事業の始め方|指定基準②人員基準の要件その1

    栃木県宇都宮市や栃木市、ほか栃木県内の市町村での障がい福祉サービス事業の指定を受けるためには、まずは全サービス事業に共通する要件を満たす必要があります。ここでは、栃木県で障がい福祉サービス事業の申請に必要な共通する「必要な要件=指定基準 ②人員基準の要件その1」を説明しています。

    続きを読む
  6. 199g以下のドローンを飛ばせる場所や飛行させるための手続きは

    今までは、機体本体の重量とバッテリーの重量の合計が200g未満のものは、「模型飛行機」と呼ばれ、航空法のルールが適用されていませんでした。しかし、2022年6月20日からは100g以上の機体は「無人航空機」となり航空法が適用されます。

    続きを読む
  7. 栃木県での障がい福祉事業の始め方|指定基準①法人格の要件

    栃木県宇都宮市や栃木市、ほか栃木県内の市町村での障がい福祉サービス事業の指定を受けるためには、まずは全サービス事業に共通する要件を満たす必要があります。ここでは、栃木県で障がい福祉サービス事業の申請に必要な共通する「必要な要件=指定基準 ①法人格の要件」を説明しています。

    続きを読む
  8. 栃木県で障がい福祉事業を始める手続きについて|窓口~欠格事由まで

    障がい福祉サービス事業の指定を受けるためには、必要な要件や申請の手続きが必要です。その事業の指定を受けるためには、施設を開設する地域の役所(指定権者という)が窓口になっています。ここでは、栃木県での障がい福祉サービス指定申請の手順を解説していきます。

    続きを読む
  9. ドローン 飛行許可申請代行手続き|機体登録番号表示やリモートID搭載とは

    2022年6月20日から、機体登録義務化に伴い、登録されていない無人航空機(ドローン・ラジコン等)を飛行させることはできません。これまでは200g未満の機体は対象外でしたが、航空法改正により100g以上の機体が対象となりました。

    続きを読む
  10. 処遇改善加算の計算や支給方法と加算要件を解説

    処遇改善加算を取得し職員の賃金アップにつなげ、スタッフの定着率を上げたいとお考えの事業主様も多いのではないでしょうか?いざ手続きに取り組んではみたものの、これらのことでお困りではありませんか? 必要な要件を満たしているかわからない 取得できる加算率や計算方法は? 分配できる対象...

    続きを読む
ページ上部へ戻る